堺市で債務整理するなら弁護士と司法書士どちらに相談すべき?

堺市債務整理弁護士司法書士

 

堺市で債務整理手続きをしようとする場合には、弁護士や司法書士に手続きを依頼して、手続きを代行してもらうというのが一般的ですが、その際に弁護士と司法書士のどちらに手続きを相談すればいいのか悩む方は多いです。

 

違いについてよくわからないという方は適当に家から近い方を選んで相談する方もいますが、無料相談を利用するだけなら弁護士と司法書士のどちらを選んでも問題ないです。

 

しかし実際に手続きを依頼するなら弁護士と司法書士で大きな違いがあるので、何も知らずに手続きを依頼するのは危ういです。

 

そこで債務整理別に弁護士と司法書士の違いをまとめてみたので参考にしてください。

 

任意整理での弁護士と司法書士の違い

 

任意整理は債権者と債務者が交渉して返済条件を話し合う債務整理方法で、弁護士と司法書士であまり大きな違いはなく、司法書士の方で1社あたりの借金が140万円以上の借金に対応できないというデメリットがある以外はほぼ同じです。

 

ただ利用料金は弁護士よりも司法書士の方が安いケースが多く、司法書士事務所によっては任意整理を専門的にやっているところもあります。

 

そのため任意整理に関しては弁護士よりも司法書士に手続きを依頼したほうがいいのではと感じます。

 

参照:任意整理とは

 

個人再生での弁護士と司法書士の違い

 

個人再生は裁判所で手続して、再生計画案が債権者にどうしてもらうことで、その計画案通りに借金を返済していくという債務整理方法になります。

 

裁判所で手続きを行うことになるので、司法書士だと裁判所での手続きを代行することができず、書類作成業務までになってしまう可能性があります。

 

一方で弁護士は裁判所で依頼人の代理人に慣れるので、裁判所での手続きもやってもらえるのにで、依頼者としては安心て手続きを丸投げできます。

 

そのため依頼費用は司法書士の方が安いです。ただ裁判所での手続き費用では司法書士の場合は個人再生委員の費用を負担することになるので、最終的には弁護士と司法書士でそこまで大きな違いにならない可能性があります。

 

そのため個人再生に関しては弁護士に依頼したほうがいいのではと思います。

 

参照:個人再生とは

 

自己破産での弁護士と司法書士の違い

 

自己破産も個人再生と同様に裁判所で手続きを行う債務整理方法なので、司法書士の場合だと書類作成業務が主になり、弁護士だと裁判所での手続きも任せることができます。

 

また弁護士に依頼すると、同時廃止と管財事件だけでなく少額管財事件という手続きも可能で、裁判所に納める予納金を抑えながら安く自己破産を行うことができるというメリットがあります。

 

個人的には費用面や手続き面からも自己破産に関しては弁護士に依頼したほうが得なのではないかと思います。

 

参照:自己破産とは

無料相談は弁護士・司法書士どちらでも大丈夫!

堺市債務整理無料相談

 

堺市で債務整理する場合には無料相談を利用して債務整理に関する詳しい説明を受けることになりますが、その際には弁護士と司法書士のどちらに相談してもいいと思います。

 

債務整理関することは弁護士でも司法書士でも、慣れているところは無料相談に的確に対応してくれるので、まずは自分の収入や借金状況から、どの債務整理方法がいいのかということを聞いてみるといいと思います。

 

その結果、任意整理を検討するということになったら司法書士に改めて相談し、個人再生や自己破産を検討することになったら弁護士に改めて相談するという形でもいいと思います。

 

まずは無料相談を利用して専門家に詳しい話を聞くことが重要です。専門家に話を聞くことができれば、そこから色々な借金問題の解決方法が見えてくると思います。

 

堺市借金返済やじるし